« 再びマレーニに来る! | Main | マレーニのマザーこと「ジル・ジョーダン」に話を聞く! »

August 17, 2006

66歳のお爺ちゃん「トニー」のマレーニ評!

 私がマレーニで拠点にしているのは、Hinterland Business Centreというクイーンズランド州政府出資による地域ビジネス支援施設である。ここにトニーという好々爺が訪ねてきた。事務所の人に聞いてみると、「コミュニティ活動を語るならこの人の話を聞くべきだ!」という。30分ほどお時間をいただき、話を聞いてみた。質問の主たるテーマは「マレーニが他に秀でているところを探る」である。以下は、お聞きしたことをそのまま日本語に訳したものです。

1.マレー二におけるトニーの現在の仕事
► 60歳で退職を迎えたのを期に、妻と共に2000年11月にマレーニに移住(退職前は、鉱山開発会社のManaging Director)
► 現在は、環境関連会社(行政、企業、地元等との調整コンサルティング)をはじめ、コミュニティ支援活動のグループに属し、その他法務関連調整役としても活躍している。
► 報酬は無しのボランティア活動。
► 主たる収入は、年金。

2.多様な問題に対し、無報酬で関わる理由は?
► 基本は、自分の経験を社会に還元したいという意識がある。
► 職業生活をはじめ今までの人生で獲得してきた技術・技能や各種の能力を、コミュニティの利益のために活かせれればこの上ない喜び。
► 他方で、自分自身のアイデアを絶えずフレッシュ(新鮮な状態)に保ちたいという意識も強い。コミュニティ活動等に関わると自分より若い人々に会うことができ、彼らは自分とは異なるアイデア(考え方)を持っているから、絶えず刺激があるんだ。
► 現実的な話をすれば、私は、この地域の持続発展可能な環境が好きだ。倫理観なく、過剰な開発でこの地域の持続発展可能性が壊されるのはみたくない。だから、環境維持やコミュニティ活動の充実に向けて仕事をしているんだ。

3.マレー二を退職後の居住地として選んだ理由は?
► 退職後、妻と一緒にサンシャイン・コーストのヒンターランド地域(内陸の山間地)をドライブしていて気に入ったからだ。6ヵ月後には、土地と建物を取得し、すみ始めた。
► 最初に旅行で訪れた時に感じたのは、自分の故郷であるニュージーランドの雰囲気に極めて似ていたからだ。マレーニとのフィーリングが合ったというのが適切な言葉かもしれない。すごくリラックスできて、心地よいと感じた。コミュニティの雰囲気をとても楽しんでいる。安全で平和だし、静かだし、それでいて何となく躍動感がある。
► 地理的な条件の面から言っても、とても便利だ(ハンディだ)!ブリスベンから車で1時間半、サンシャイン・コーストの海岸から40分の距離である。スポーツ観戦を楽しみたければブリスベンに行けばよいし、海水浴や釣りがしたければ海沿いにいけばよい。
► (余談だが、引っ越してきてからの6年間で、住宅や土地の価格が高騰してきた。でもまだまだ許容範囲かな?)

4.マレーニが他の同じような地域と違う点は何か?
► 140ものコミュニティ・グループがあるところかな。コミュニティ・グループは、ブリッジやチェスのグループから各種スポーツのグループまで多様に存在している。
► 何て言ったらよいか「コミュニティ・フィーリング」が良いんだよ。小さなコミュニティ(注:人口規模が小さい)だからということもあるけど、人と人の顔を合わせながらの交流がいたるところであるね。ブリスベン等の大都市では、到底、得られないものだよ。
► マレーニに移り住んできた人々の出来ることや経験を見ると、科学者、技術者、会社経営者、大金持ち、大学教授など、ほとんどは「元職」だが極めて高度な知識や経験を持った人が幅広くいることが分かる。このような人々がいるから、大変強く自己を持ち、強い主張をする人々が多い。実に面白いことに、でも、これによってコミュニティ・フィーリングが崩れることはなく、むしろコミュニティ自体に深みをもたらしているのではないかと感じる。つまり、意見の違いが関係性を断ち切るような結果に陥ることはなく、この意見の違いが、かえってクロス・セクショナル・アーギュメント(横断的な議論)を生み、何らかの決定を下す際のプラットフォーム(基盤)になっているんだ。
► (ウェブ:WEB【蜘蛛の巣】みたいですね!と問いかけると・・・)君、なかなか良い表現を使うね。コミュニティ全体で見ると、至る所に結び目があって、あるコミュニティ・グループに参加したときに会った人と他のグループでも会う。そして知らない間に、その人を通じ自分の知らない他の人とも知り合いになれる。こんな交友関係を基本に、意見も通わせやすくなるんだろうな!強い蜘蛛の巣がコミュニティに存在しているというのがマレーニといっても良いかもしれないね。
► さらに、もう一点付け加えることがある。コミュニティ・フィーリングが良いという意味の中には、容易くコミュニティ溶け込みやすいというのもあるんだ。6年前に移住してきたんだが、すんなり溶け込めたよ。これは、蜘蛛の巣の関係が築かれているからかな?

|

« 再びマレーニに来る! | Main | マレーニのマザーこと「ジル・ジョーダン」に話を聞く! »

旅行・地域」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89113/11479743

Listed below are links to weblogs that reference 66歳のお爺ちゃん「トニー」のマレーニ評!:

« 再びマレーニに来る! | Main | マレーニのマザーこと「ジル・ジョーダン」に話を聞く! »