« マレーニのマザーこと「ジル・ジョーダン」に話を聞く! | Main | 知的熟練としてのキャリア考 »

December 07, 2006

キャリア講義レジュメ(2006年11月24日)

「知的熟練としてのキャリア考」と題して、愛知学院大学の1年生及び2年生に私の経験と考え方を伝える機会を得ました。2回に分けて、発信したいと思います。

基本テーマ>働くということ
講義テーマ>知的熟練としてのキャリア考
主催>愛知学院大学キャリアセンター

配布資料>

本日講義の振返りのポイント

1.知的熟練。

2.やりきる。やりぬく。あきらめない。

3.自分のポジション・能力の進むべき道を確認する。

4.10個の扉と1個の扉

5.いろいろなことにチャレンジしよう!

キーワード解説
「キャリア」・・・長期にわたる仕事の経験
「知的熟練」・・・長期にわたる仕事の経験を通じ獲得できる「多様性への対応」、「変化への対応」、「重層的効果」等を可能にする技能
多様性への対応・・・取り扱う事柄の個性により多様性は発生し、絶えずその多様性に対応できる能力。
変化への対応 ・・・需要の変動、技術の変化や製品の変化に対応する能力。
重層的効果  ・・・関連の深い領域間の相互作用。

|

« マレーニのマザーこと「ジル・ジョーダン」に話を聞く! | Main | 知的熟練としてのキャリア考 »

未来デザイン」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89113/12963310

Listed below are links to weblogs that reference キャリア講義レジュメ(2006年11月24日):

« マレーニのマザーこと「ジル・ジョーダン」に話を聞く! | Main | 知的熟練としてのキャリア考 »