« 『教えない教育』とは何か?・・・鵜飼の「教えない教育」考 | Main | バーチャルカンパニー㈱プロジェクトBoxが第7回キャンパスベンチャーグランプリ中部で奨励賞受賞 »

January 18, 2010

二人の偉大だった母の死を悼み、黙祷

この5カ月の間に、大変お世話になった方々が立て続けにこの世を去った。
Yukari Desjardins(2009年8月31日没)、Jill Jordan(2010年1月8日没)
この場を借り、哀悼の意を表するとともに、黙祷いたします。そして、合掌。

 *
  *
   *
    *
私はこのお二人から、様々な刺激を受け続けてきました。
自然と共に生きる力のすごさと素晴らしさ、人との協力があって初めて成就すること、しかし、その根本には1人1人が未来を信じてやりきる、やりぬく責任感と実行。

私は縁あって2004年にこのお二人に出会った。その後、お二人の仲立ちがあり、マレーニで学生達の海外インターンシップを数年にわたり実施し、その度に学生達に直接声をかけていただき、「生きるとは何か」について考えるきっかけを与えていただいた。学生達は、日本に帰国後、それぞれ大きな問題意識を持ち、道を選択して行ったが、会えばいつもマレーニの出会いを良い記憶として残っているという。
筆舌に尽くしがたいほどの、学びをもたらしていただいた。改めて感謝したい。

当ブログにも、学生と行ったJill Jordanへのインタビューのまとめが掲載されている。2006年8月21日のブログ「マレーニのマザーこと『ジル・ジョーダン』に話を聞く!」お読みいただければ幸いである。

今も二人からは刺激を受け続けている。記憶の中の対話相手として、目に見えない微生物のあり様を考えることを通じて。匂い、声、手の温もり等、五感において。

Jillも次の書簡を公開することを許してくれると思う。改めて「生きること」の意味を私達に問いかけてくれている。
Yukariが亡くなった一報を私からJillに送った返信文書である。

Date September/ 3/2009
Subject Yukari’s Death

Dear Ukai-san
What a terrible shock to hear of Yukari's death, wasn't it?! I have to confess I wasn't even aware that she had a heart condition, and I was so close to her, especially when we travelled in Japan (4 times over a few years). But that was Yukari - always so positive and thinking of others' happiness - she would not have wanted others to worry about her, I guess.

Her death has been especially poignant for me, as 2 months ago, I was diagnosed with lung cancer, and decided to treat it completely by natural means. So I have quite a few people around me worrying that I am going to die soon - which I am determined will not happen. However, when I heard about Yukari, it made me "let go" of the fact I thought I was too young to die - that I had so much more to do ............ at 63, I have been very fortunate to be able to do what I have done till now.

It made me fully realise it's not the length, but the quality, of the life lived that is important. Our darling Yukari has taught me that!! I know she died doing what she loved, and her life, while she was here was such a blessing. All thanks for that! My heart is with Arnaud, Stefan, Juju and little Fabien............but I know they will do well - they are such a wonderfully resilient family.

With all good wishes to you, and thank you for contacting me (just in case I did not know): it was very kind of you. Keep up your great work, Ukai-san
Fond regards
Jill

|

« 『教えない教育』とは何か?・・・鵜飼の「教えない教育」考 | Main | バーチャルカンパニー㈱プロジェクトBoxが第7回キャンパスベンチャーグランプリ中部で奨励賞受賞 »

旅行・地域」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89113/47326629

Listed below are links to weblogs that reference 二人の偉大だった母の死を悼み、黙祷:

« 『教えない教育』とは何か?・・・鵜飼の「教えない教育」考 | Main | バーチャルカンパニー㈱プロジェクトBoxが第7回キャンパスベンチャーグランプリ中部で奨励賞受賞 »