« 虫鹿恭正・著『絶望の日々からのV字回復』 | Main | 社会人基礎力グランプリ中部大会に参加 »

November 07, 2011

新姫ういろう&姫さんま 試食・テスト販売を行いました

バーチャルカンパニーの「シード」が本年4月から企画・開発を進めてきた「新姫ういろう」、そして会議の中の何気ない発言が発端となり生まれた「菓子 姫さんま」の試食会およびテスト販売が、2011年11月6日、名古屋市の地下鉄東山線藤が丘駅前広場と藤が丘中央商店街振興組合事務所前の広場にて行われました。売れ行きも良好でした。

20111106niihimeuiro


写真をご覧ください。味わっていただけないのが本当に残念なぐらい、「新姫ういろう」は、香り豊かで、大人が楽しめる菓子となりました。また、「菓子 姫さんま」は、鮎菓子の2倍の大きさで、求肥(ぎゅうひ)の代わりに「新姫ういろ」を用いたボリュームたっぷりで、味覚の変化をお楽しみいただけるものとなっています。20111106himesanma


16時30分からの改善会議では、販売方法の改善、包装資材の工夫による経費節減等の対策が検討され、11月25日(金)、26日(土)に金山総合駅コンコースで行われる「逸品名品販売会」(主催:愛知県商店街振興組合連合会・名古屋市商店街振興組合連合会)で正式販売されます。ご来場をお待ちしております。

加えて、27日(日)には、京都大学百周年時計台記念館2Fの国際交流ホールにて、バーチャルカンパニー・トレードフェアが開催されます。シードは、日頃の成果を発表すると同時に、販売ブースにて、「新姫ういろう」を販売いたします。成果が楽しみです。

20111022


新姫ういろう&姫さんまは、藤が丘中央商店街振興組合、東紀州観光まちづくり公社、愛知学院大学、名古屋学芸大学の4者のコラボレーションから生まれました。お互いの「シーズ」×「ニーズ」を掛け合わせた結果です。これを機に、新しい動きへと発展できればと考えています。この連携が、2011年10月22日付の中部経済新聞16面に掲載されました。ご覧ください。

|

« 虫鹿恭正・著『絶望の日々からのV字回復』 | Main | 社会人基礎力グランプリ中部大会に参加 »

起業家教育」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89113/53182011

Listed below are links to weblogs that reference 新姫ういろう&姫さんま 試食・テスト販売を行いました:

« 虫鹿恭正・著『絶望の日々からのV字回復』 | Main | 社会人基礎力グランプリ中部大会に参加 »