« 2013年度 最も共感する言葉 大賞 | Main | 2014年度 最も共感する言葉大賞 »

March 28, 2014

滋賀県産業支援プラザで報告させていただきました

2014年3月27日、「『事業を構想する』とは?」と題し、滋賀県産業支援プラザのビジネスインキュベーション・マネージャーの皆様に、事業計画の前段階にある事業構想を具体的なイメージとしてつくり上げていくための論点を報告させていただきました。起業支援の段階で考えれば、事業構想は、プレ・インキュベーション段階での起業希望者が明確にしなければならない必須のもの。別の表現でいえば、ビジネスプランを書く前に具体化しなければならないこと。あくまでもバーチャルカンパニー等大学で行うアントレプレナーシップ教育で手ごたえを感じた経験則をまとめたものですが、起業支援に携わる皆様に参考になればと思い、導入部分のスライドをアップします。ご笑覧ください。→「20130327.pdf」をダウンロード

|

« 2013年度 最も共感する言葉 大賞 | Main | 2014年度 最も共感する言葉大賞 »

起業家教育」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89113/59371587

Listed below are links to weblogs that reference 滋賀県産業支援プラザで報告させていただきました:

« 2013年度 最も共感する言葉 大賞 | Main | 2014年度 最も共感する言葉大賞 »