3 posts categorized "書籍・雑誌"

December 26, 2013

書評「新たな投資家の出現から考えるICTベンチャーの未来」

書評を書かせていただく機会を得ました。現場中心で浅学非才の私にとり、またまた新しい学びとなりました。感謝して以下に紹介させていただきます。なお、以下の内容は投稿したものと必ずしも一致しません。

ISNN 0918-716
産業学会研究年報 No.28 2013
「新たな投資家の出現から考えるICTベンチャーの未来」
湯川 抗 著

(目次)
1.問題意識と研究の目的
2.研究の方法
3.Startup Acceleratorの分析
 3.1. Y Combinatorのケーススタディ
  3.1.1.  Y Combinatorのパートナー
  3.1.2.  Y Combinatorのプログラム
  3.1.3.  Y Combinatorの成功要因
 3.2. Startup Acceleratorの比較
 3.3. プログラムの共通点
 3.4. プログラムの相違点
4.Super Angelの分析
5.新たなICTベンチャーの成長パターン:Dropboxのケーススタディ
6.まとめ

(書評)
 本論文は、ICTベンチャー企業の創業を支えるエコシステム(生態系)に着目し、エコシステムのサイクルを速める新しいプレイヤーの役割を明らかにしている。新しいプレイヤーとは米国でこの10年の間に実績を上げてきたStartup AcceleratorとSuper Angelであり、筆者は両者を「新たな投資家」と位置付けている。

 本論文の貢献は、これら新たな投資家の登場背景と機能を探る中から、ICT産業では①起業が安価になり始めており、それに伴って起業家にとって資金よりも実質的なアドバイスの価値が向上していること、②短期間に成長することが可能になり始めていること、の2点を考察結果として示している点だ。加えて、ビジネスモデルよりも、自らのアイディアの正しさを迅速にマーケットに問い、修正を加えながらユーザーを増加させることの方が重要視され始めているとの指摘も示唆に富む。

 そもそも、Startup AcceleratorとSuper Angelとは誰か。Startup Acceleratorは、自らが投資を行ってシードステージやアーリーステージ等の創業初期段階のベンチャー企業を育成するプレイヤー。同じく創業初期段階を対象とするビジネス・インキュベータとは違い、審査でビジネスプランは問題にならず、育成期間は3か月と短く、2~10%の株式を取得して奨学金相当の資金を提供し、成功した起業家のメンター群よりアドバイスが受けられる。

 次に、Super Angelは、外部資金を取り入れてファンドを組成した上で、およそ$25,000~250,000程度の資金の投資を行う投資家。ベンチャーキャピタル(VC)とは成長ステージの早い時期に小額投資する点で、Startup Acceleratorとは必ずしも育成プログラムを行うわけではない点で異なっている。

 創業期の中でもより早い段階でリスクマネーを投じ、起業家とビジネスの成長を促すことが2種類の投資家に共通する点だ。では、エコシステムの何をどのように変え、サイクルを速めたのだろうか。

 Startup Accelerator業態を開発したY Combinator(YC)の育成プログラムを確認しよう。YC は、3か月後にベンチャー企業を劇的に良くすること(製品ユーザーが増えることor資金調達の選択肢を増やすこと)を目標に、大きく2つの支援策を用意する。支援策①は、何を製品とするかを決定するため何度でも行われるYCパートナー達(成功した起業家でもある)との個別面談。支援策②は、プログラムの参加者全員を対象とするイベント“Dinner(週1回の成功した起業家とのワークショップ)”、“Angel Day(エンジェル投資家からの個別指導)”、“Prototype Day(参加者による相互発表会)”、“Demo Day(投資家への発表の場)”の4種。

 YCは毎年2回上記のプログラムを実施し、40~60社が参加する。申し込みは、起業家や創業チームの履歴書、アイディアあるいは製品内容(プロトタイプ)の提出であり、ビジネスプランではない。2011年には世界各国から1,000社を超える応募があったという。その中から資金提供(参加企業$11,000、創業メンバー一人当たり$3,000)を受けることになった企業家等は3か月シリコンバレーに滞在し、上述のプログラムに参加する。YC創業の2005年から2011年6月時点までに316社のベンチャー企業へ投資を行い、プログラム終了後に追加の資金調達に成功した企業の割合は94%に達し、DropboxをはじめとするICTベンチャー企業が生まれている。

 著者も文中で指摘しているが、YCが行ってきたベンチャー企業の目利きやそれらのベンチャー企業の育成方法が際立っていることから、VC等のDue Diligenceを代替する役割も引き受けているとも考えられる。エコシステムを支えるプレイヤーの間がより緊密になるよう、新しいプレイヤーが登場したと理解してよさそうだ。

 評者は、大学でプレインキュベーション段階の起業家育成を実践する。起業志望者を支援する現場で起業領域を問わずプロトタイプを考え、制作し、見直す価値の高さを実感している。中には資金調達に成功して起業し、またあるグループは社会実験期にある。他方で、日本におけるエコシステムの存在は認めるもののプレイヤー間の距離の遠さから、迅速な起業家と事業の成長を促せないジレンマも感じている。Startup Acceleratorは、起業が必ずしもアートではなく、事業の価値を高めるプログラムとして、再現性あるものであることを示している。企業人であり、大学人でもある著者であるからこそ、研究成果を実践の場へと展開されることを期待し、結びとしたい。(評者:鵜飼宏成)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 25, 2013

書評「制度に埋め込まれた企業家による新事業創造」

書評を書かせていただく機会を得ました。現場中心で浅学非才の私にとり、新しい学びとなったことに感謝しつつ、以下に記します。
なお、以下の内容は投稿内容と必ずしも一致しません。

ISSN 1348-6411
東京経済大学会誌-経営学- No.278  2013
「制度に埋め込まれた企業家による新事業創造」
山口みどり 著

(目次)
1.問題意識
2.知識創造と正統性獲得の分離によって生じる問題点
3.ポピンズの新規事業創造プロセス
 3.1 教育ベビーシッター事業の創造プロセス
  3.1.1 事業機会の発見
  3.1.2 教育ベビーシッターの事業構想
  3.1.3 事業構想の修正
  3.1.4 ベビーシッター産業の形成
  3.1.5 事業構想の再構成
 3.2 保育施設運営事業への進出
  3.2.1 保育施設運営事業への進出
  3.2.2 保育施設の開設
  3.2.3 保育施設運営事業の成長
  3.2.4 構想の再構成
 3.3 高齢者在宅介護事業
  3.3.1 高齢者在宅介護事業への進出の契機
  3.3.2 後発企業としての参入戦略
  3.3.3 スタッフの確保
4.考察
 4.1 構想
 4.2 資源
 4.3 利害関係者と正統性
 4.4 今後の課題

(書評)
 本論文の貢献は、丹念な事例研究(育児支援事業と介護事業の「ポピンズ」)を踏まえ、「企業家による新規事業創造プロセス」の理論に大きな修正を施した点である。著者の表現を用い、以下に要点をまとめてみたい。

 先行研究は、新規事業の創造プロセスを、革新的な事業構想の創出とその正当性獲得の二つに分け、構想が完成したのちの正当性獲得プロセスのみに焦点を当ててきた。しかし、新規事業の事業構想を予め完成しているものとして仮定することはできない。次の二つの論理的問題を抱えてしまうからだ。①革新的な事業構想を既存制度にあうように変えなければならず、この結果、構想の革新性は失われ、制度変化を伴う新規事業が論じられなくなる。②新規事業の構想に合わせて制度を変える場合、自らの利害に合わせて制度を利用し、自己の利益を最大化しようとする、制度に埋め込まれていない主体が仮定されてしまう。このような仮定のもとでは、制度に埋め込まれた主体の行為を捉えようとした制度論の意義は失われてしまう。

 そもそも、新規事業に必要な資源およびそれを保有する利害関係者と獲得すべき正統性は、予め分かっているわけでなく、事業の遂行を通じて見出されたり作り出されたりするものである。だからこそ、著者は、新規事業の構想が生み出される「知識創造」と構想を事業化する「正当性獲得」を同時並行で進むものと考えなければならないと指摘する。そこで、「新規事業の創造を、(評者付記:事前に構想された確固たる)革新的アイデアに対して正統性を獲得するプロセスではなく、制度の下で新たな社会関係の構築プロセスと捉える」を示し、このプロセスでは「構想・資源・利害関係者・正統性が、事業の遂行過程で相互に参照され、その意味を再構成されながら、既存の制度におさまらない新たな社会関係を作り出していく」と解説する。

 評者は、新規事業アイデア創出トレーニングを通じ企業家育成を実践している。この立場から、著者の主張は魅力的に映る。

 まず、アイデア創出の段階でいえば、発想は、既存のアイデアの組み換えで生じ、模倣なくして創造はない。評者は、著者の言う「制度に埋め込まれた企業家」だからこそ、仕事経験を踏まえ関連・非関連領域の情報にあたって情報の組み換えを頻繁に行い、閃きとして新しいアイデアが現れる可能性が高まると考えている。ゆえに、「制度的な制約が、組織の創造性を支持するような働きを持つ」といえるのだろう。

 次に、新規事業が立ち上がるプロセスは、「想い醸成」期(個人で気づく段階)→「共同学習」期(気づきを伝え確認する段階)→「社会実験」期(プロトタイプで検証する段階)→「事業展開」期(検証を踏まえ本格的に展開する段階)を辿る。このプロセスはリニアに進むわけではなく、行きつ戻りつを繰り返し、新しいアイデアが周りの認知を得、ユーザーを含む新たな利害関係者を巻き込んだ状態でビジネスモデルが確立していく。著者が結論付ける「新規事業の創造は、新たな社会関係の構築プロセス」という捉え方は、評者の経験則に照らし合わせても的を射たものである。

 結びとして、評者から著者へ提案を投げかけたい。著者は、①既存の制度におさまらない新規事業の事業機会の発見モデル化、②新規事業を創造しようとしている主体以外の多様な主体間の相互作用の分析、③多角化を通じて組織の中に矛盾する複数の制度が組み込まれていくことと、組織の中に古い制度の名残が堆積していくことが、組織全体の変化及び個々の事業の変化に対して及ぼす影響の分析、の3点を今後の課題として指摘している。企業家による新規事業創造は、国家レベルの成長戦略の目玉でもある。これは、一企業の成長以上に産業としての成長が欠かせないことを意味している。評者としては、課題②の解明が産業政策の実行に当たっての重要な鍵になると考えている。(評者:鵜飼宏成)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 14, 2011

虫鹿恭正・著『絶望の日々からのV字回復』

著者の虫鹿恭正さんは、愛知学院大学経営学部の卒業生で、現在はパーソナルコーチとして起業し、試練的境遇にある方々の問題解決を支援しています。Mushika_top_3

私が彼と出会ったのは彼の3年生の時でした。在学中から現在に至るまで約10年にわたり、私は彼の生き方をそばで見てきました。時には、在学生に直接指導をお願いすることもありました。現在の仕事は、まさに天職なのでしょう。昨晩も、接する人々の瞳が、瞬く間に光を取り戻す場に出くわしました。

『絶望の日々からのV字回復』(ビズナレッジ株式会社、2011年9月4日発刊)は、副題にあるように「いじめ、ひきこもり、家庭不和、拒食症、過食症を乗り越えて」、現在に至る実話とそこからの「悟り」です。息遣いが聞こえてきそうな文章で、大変示唆的な本です。是非、ご一読ください。

Mushika_profile


私を、自分でも意識していなかった「先天的に生まれ持った才能やセンスで人を勇気づけられる人」=ネイティブコーチと言ってくれた虫鹿に感謝すると同時に、彼の未来にエールを贈りたいと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (1)